ハワイ島ツアーレポート 【プアコ湾発 水上散歩ツアー】  

コハラコーストの穴場スポット、プアコで遊ぼう!


ハワイ島で有名なシュノーケルスポットと言えばケアラケクア湾(キャプテンクック碑周辺)とカハルウ・ビーチですが、ここでご紹介するのはコハラコーストのプアコ湾。日本のガイドブックでは殆ど記載がないのであまり知られていませんが、プアコ湾はハワイ島有数のシュノーケルスポットなんです。ケアラケクア湾と同様に海洋自然保護区に指定されています。特にコハラコーストに滞在の方は必見ですよ!
[ツアー参加 : 2011年9月]

コハラコーストの穴場、プアコで海のアクティビティ!

8:55 チェックイン

天気は快晴!集合場所であるプアコ・ボートランプに向かいました。宿がマウナラニ・リゾートだったので、時間にして10分程度。もしシュノーケルのためだけにカハルウ・ビーチまで行ったとしたら、最低でも40分はかかります。これだけでもプアコを選んだ意味がありますね!

ボートランプに到着すると、ツアーガイドのケビンさんとノニさんが笑顔で手を振って私達を迎えてくれました。ケビンさんは日本で暮らしたこともあり、日本語はペラペラ。陽気に流暢に話します。冗談も飛ばしたりして面白い(笑) ノニさんも日本人ですので、言葉の不安は一切ありません。


ビーチタオルや着替え等、かさ張る荷物は車に置いておきましょう。なお、ボートランプのトイレは簡易式ですので、着替える場所はありません。

早速チェックイン!日本語で書かれた契約書にサインをします。その後、すぐに出発の準備となりました。カヤックに乗る際、「荷物はどうしたら良いのかな?」と思っていたところ、ドライバッグ(防水バッグ)とプラスチック製の防水の箱を貸してもらえました。車のキーは防水の箱へしまい、財布などの貴重品と共にドライバッグに入れます。そして自分の乗るカヤックに積みました。これなら、カヤックが引っくり返っても大事なキーが水没する心配はありません。

カヤックに乗って出発!

参加者は私達を含め4名。2組の夫婦とガイドさん2人の分も含め、二人乗り用のカヤックが3艘用意されていました。まずはノニさんがカヤックの漕ぎ方、パドルの持ち方などについて皆に説明してくれます。その後、軽く体操をしていよいよ出発!

カラッとした青空に穏やかな海。まさにカヤック日和です。海から眺める海岸線は美しく、皆でスイスイと気持ちよく進みました。楽しい〜っ♪ 海に出てからも、ガイドのお2人が丁寧に漕ぎ方を教えてくれるので、カヤック初心者の方でも大丈夫!

漕いでいる途中、ケビンさんとノニさんが写真を撮ってくれます。その写真は後でメールで送ってもらえるので、いっぱい撮ってもらっちゃいましょう!このレポートでも使わせて頂いています。とてもありがたいサービスですね。


カヤックでも船酔いしますので、不安な方は酔い止めを飲んでおいて下さい。また、日差しが強烈なので帽子は必需品です。焼けたくない方はラッシュガードもご用意下さい。

シュノーケルポイントへ到着

ボートランプから北上して、ワイアレア・ビーチ(Beach 69)の北側の沖までやってきました。ここでシュノーケル。海底には岩場やサンゴが見えていました。海水の透明度も高く、魚もたくさん泳いでいそうな雰囲気にワクワク!

シュノーケル3点セットもここで配られました。私達はフィンのみをレンタル。フィンはサイズ調節が可能なストラップタイプのものです。後ろのストラップがかかとの真ん中に来るように履いて下さいね。シュノーケル用ですので、靴のサイズが小さめであればウォーターシューズを併用することもできます。


ウォーターシューズのレンタルも可能です。ただし足のサイズが極端に大きかったり小さかったりする方は、ウォーターシューズやマリンソックスをご持参いただくことをお奨めします。プアコは岩の上を歩きませんので、フィンの付け心地さえ気にならなければウォーターシューズは不要です。

さてさて、ここでふと一つの疑問が。
泳いでいる間、カヤックはどうするのでしょう?

ビーチに上陸するのかと思いきや、水上で乗り降りすることに。ケビンさん&ノニさんから、乗り方&降り方のコツを教えてもらってから海に入ります。うーん。難しそうだなぁ。
でも、お2人が手伝ってくれるので大丈夫。なんとか皆無事に海へ入れました。カヤックが転覆するなんてこともなかったですよ!

シュノーケルタイム

海の中は想像通り、とっても綺麗。ケアラケクア湾と同じで気持ちの良い透明度!
最初に小さな魚の群れが目に飛び込んできました。光に照らされた体がキラキラ煌いています。美しい光景! 岩場にはチョウチョウウオがひらひらと舞い、ハワイ州の州魚フムフムヌクヌクアプアア(タスキモンガラ)や、黒いボディにオレンジ色の模様が鮮やかなアカツキハギも優雅に泳いでいました。

コハラコーストにも、こんな綺麗な場所があるのですね!


水中トンネルに挑戦

ケビンさんは私達と一緒にシュノーケルを楽しみました。彼は海底から大きな貝を獲ってきてくれたり、水中トンネルを潜ってくれたりサービス満点!

その水中トンネルですが、結構深い場所にあるため、水面にぷかぷか浮いていてはトンネルのありかすら見えません。私も一生懸命潜ってみたのですが、トンネルの向こう側を覗くこともできず…。これが一番の楽しみだったのに不甲斐ない(涙)

後でケビンさんに聞いたところ、この辺りには水中トンネルやアーチがあちらこちらにあり、この近場にも潜りやすい浅い水深のアーチがあったとか。その場で聞いておけば挑戦できたのに、後悔先に立たず…。残念!アーチやトンネル潜りに興味がある方はケビンさんに聞いてみて下さいね。


水中トンネルをくぐるには、ある程度の経験がないと難しいかもしれません。7〜8m潜れて、45秒息を止めていられる方ならできるかも。何よりも安全第一です。無理は禁物。


再びカヤック

だいぶ海水に浸かっていたので、少々寒くなってきたなぁと思っていた矢先、頃合を見計らったように、シュノーケルタイムは終了となりました。

今度は水上でカヤックに登らないとなりません。降りる時より大変そう…。ですが、ここでもガイドのお2人がお手伝いしてくれるのでご安心を。私も何とかよじ登ることができました!

美しい海とサヨナラをして、来た道を戻ります。カヤックをぐいぐいと漕いで、あっという間にボートランプに到着してしまいました。
カヤックを降りてしばし海辺で休憩です。その間にノニさんが、パイナップルを切り分けて下さって、それを皆で頂きました。美味しい!その他にもスナックが用意されていましたよ。色んな種類があり、各人お好みのものを頂きました。

スナックをつまみながら海をボーっと眺めて、もうツアーも終わりか〜。とのんびり過ごしていた矢先、ケビンさんが何やら大きめなサーフボードとパドルを波打ち際に並べ始めました。これはもしかして、最近流行のパドルサーフィン?? 午後のツアーの方達が使うものかと思っていたら、何と今からこれを体験させてもらえるようです!

スタンドアップ・パドルボードに初挑戦

スタンドアップ・パドルボードは私達もそうですが、もう一組のご夫婦も初めてのようです。皆、興味津々!ケビンさんから乗り方やパドルの漕ぎ方、注意事項などを教えてもらい、いざ挑戦!

乗り始めは難しいからでしょうか、ケビンさんが一人一人順番にサポートしてくれました。ボードの中心に、最初は正座するような形で乗ります。水深が深い場所まで来たら正座の状態から体を起こし、慣れたら立ち上がってみましょうと、一つずつ段階を踏んでいきました。

ボードは幅も広く長さもあるので、思ったよりも安定しています。正座から体を起こすところまでは難なくクリア。一番難しかったのは、立ち上がる時でした。立ち上がる途中で重心が変わってしまうので、バランスを保つのが難しいです。しかし、足をプルプル震えさせながらも何とか立つことができましたよ。やったー!

立った直後はフラフラ&ヨロヨロ状態でしたが、次第に慣れてきてパドルでスイスイと漕げるようになりました。これ、本当に楽しいです。海上をお散歩できるなんて最高!!

スタンドアップ・パドルボードは扱っているツアーも少ないですし、これを体験できただけでもこのツアーに参加した甲斐がありました!

ツアー終了

海上散歩を楽しんでいたところで「そろそろ上がりましょうか。」と終了の合図。えーん。もう終わっちゃいました!楽しい時間は、いつもながらあっという間に過ぎてしまいますね。
海から上がって、ケビンさん&ノニさんの名コンビに感謝の握手をしてお別れです。お2人とも常に笑顔を絶やさず、私達にとても良くしてくれました。ありがとうございます!お陰様で心から楽しいひと時を過ごすことができました。

カヤックとシュノーケルだけでなく、スタンドアップ・パドルボードまで楽しめてしまうこのツアー、かなり濃密で良質なツアーです。とてもオススメ!皆さんも是非参加してみて下さいね。


プアコ湾カヤックとシュノーケル体験ツアーに戻る >>>