アロハブリーズ
 トップページ > 最新のキラウエア火山情報

最新のキラウエア火山情報


最新のキラウエア火山情報
最新のキラウエア火山情報

2017年7月25日

7月のキラウエア火山 溶岩状況

2016年7月にオーシャンエントリーが復活してから1年が経ちます。
その後、火山や溶岩の状況には特に大きな変化はありません。現時点で真っ赤な溶岩活動が上空から見られる可能性のある場所はキラウェア火山に4ヶ所あります。

(1) ハレマウマウ・クレーター内の溶岩湖(山頂噴火)
(2) プウオオ火口 クレーター内(東断層亀裂噴火)
(3) サーフェイス・フロー/スカイ・ライト(溶岩トンネル)
(4) オーシャンエントリー(プウオオ火口からの溶岩が海に流れ込む地点)

この4つの場所について、下記で詳しく説明します。


-------------------------------------------------------------------------------------
(1) ハレマウマウ・クレーター内の溶岩湖 (山頂噴火)

-------------------------------------------------------------------------------------




●ヘリコプターから見える確率は?

※標高が1,000m近くの場所にあるため、雲が多い日は雲に覆われて見ることができません

●上空からしか溶岩は見えませんか?
溶岩湖面は上がったり下がったりします。膨張して湖面が上昇した状態であれば、国立公園内(地上)からでも肉眼で溶岩が見られる場合があります。また、収縮し湖面が下がって溶岩が見えない場合でも、暗くなると火口から出ている煙が赤く染まる様子が楽しめます。

ヘリコプターからは、どのくらいの高度まで近づけますか?
飛行禁止区域となっており、約1,700m上空を飛行しなければなりません。

どんな溶岩活動の様子が見られますか?
空気に触れている溶岩湖面のほとんどは薄い黒い膜となってますが、膜に赤い亀裂の筋となって見えます。またグツグツ、ブクブク煮えている溶岩の様子も見ることができます。

-------------------------------------------------------------------------------------
(2) プウオオ火口 クレーター内(東断層亀裂噴火)
-------------------------------------------------------------------------------------




●ヘリコプターから見える確率は?

標高が1,000m近くの場所にあるため、雲が多い日は雲に覆われて見ることができません。

●上空からしか溶岩は見えませんか?
アクセスの方法がないため、上空からしか見ることは出来ません。

ヘリコプターからは、どのくらいの高度まで近づけますか?
約170mまで高度を下げることができます。赤い溶岩に一番近くまで近付ける場所です。

どんな溶岩活動の様子が見られますか?
(1)のハレマウマウ火口と同様の溶岩活動を見ることができます。空気に触れている溶岩湖面のほとんどは薄い黒い膜となってますが、膜に赤い亀裂の筋となって見えます。またグツグツ、ブクブク煮えている溶岩の様子も見ることができます。ハレマウマウ火口に比べ、こちらの方がグツグツしている溶岩が見える確率は高いです。

-------------------------------------------------------------------------------------
(3) サーフェイス・フロー/スカイ・ライト(溶岩トンネル)
-------------------------------------------------------------------------------------


●ヘリコプターから見える確率は?

●上空からしか溶岩は見えませんか?
トンネルはプウオオ火口から海岸線までの10km。運よく海岸近くでサーフェイスフローが起きていれば、そこまでハイキングで行くことで溶岩が間近で見られる可能性があります。

ヘリコプターからは、どのくらいの高度まで近づけますか?
約170mまで高度を下げることができます。赤い溶岩に一番近くまで近づける場所です。

どんな溶岩活動の様子が見られますか?
ドロドロと斜面をゆっくり流れていく溶岩流を見ることができます。

-------------------------------------------------------------------------------------
(4) オーシャンエントリー(プウオオ火口からの溶岩が海に流れ込む地点)
-------------------------------------------------------------------------------------


●ヘリコプターから見える確率は?

海岸線沿いであるため一般的に天気は良く、見られる確率は高いです。

●上空からしか溶岩は見えませんか?
徒歩で片道5〜6kmを歩くと、溶岩が海に流れ込む場所から約1km手前の進入禁止のロープまで近づけます。水蒸気雲が立ち上がる様子は見えますが、溶岩が海に流れ込む瞬間は見えたり見えなかったりです。ハレマウマウ火口と同様に、暗い時間帯は水蒸気雲が赤く染まります。

ヘリコプターからは、どのくらいの高度まで近づけますか?
オーシャンエントリー周辺も飛行禁止区域ですが、約350mまで近付けます。

どんな溶岩活動の様子が見られますか?
水蒸気雲の合間に、幾筋もの赤い溶岩が滝のように海へ流れ込む様子が見られます。流れ込む溶岩量が多いほど、水蒸気雲の量も多くなります。したがって水蒸気雲が多く発生している場合は溶岩が隠れてしまい、見えない場合もまれにあります。

-------------------------------------------------------------------------------------

このようにヘリコプターからはかなり高い確率で赤い溶岩を楽しんでいただいております。
ヘリコプターから溶岩を見ることが出来なかったら、かなり運が悪かったと思ってください。
火山の活動は毎日変化します。溶岩の見える量、見え方もフライトごと変化していきます。
生きている地球を感じてください。


過去のキラウエア火山情報 (画像やビデオあり)

2016年のキラウエア火山 久々にオーシャンエントリーが復活!
2014年のキラウエア火山 パホアの町が溶岩に飲み込まれてしまうのか、息をのむ状況でした。
2013年のキラウエア火山 夏にオーシャンエントリーが止まってしまい、そこから長らく溶岩活動は停滞。
2012年のキラウエア火山 ロイヤルガーデンに残されていた最後の1軒が溶岩流に飲み込まれました。
2011年のキラウエア火山 プウオオが絶好調だった年。迫力ある溶岩流が何度も見られました。
2010年のキラウエア火山 オーシャンエントリーが止まったり流れたり。素晴らしい溶岩流が見えました。
2009年のキラウエア火山 オーシャンエントリーが活発な1年でした。
2008年のキラウエア火山 ハレマウマウ火口が噴火した年です。